Top / Profile
HTML convert time: 0.015 sec.

Profile - プロフィール

Last-modified: 2018-05-10 (木) 06:57:44

牧野由依(まきの ゆい)

声優、歌手、ピアニスト。愛称はゆっちまきのん*1

1986年1月19日三重県志摩市出身、東京都育ち。血液型はO型。音楽家の父・牧野信博の影響で、3歳より子役として芸能活動を始め、4歳より斉藤恒芳にピアノを師事*2。東京音楽大学付属高等学校ピアノ科を経て、2008年3月東京音楽大学器楽専攻ピアノ科卒業。

映画監督の岩井俊二に見出され、8歳の時に『LOVE LETTER』の劇伴のピアノ演奏に参加。後に『リリイ・シュシュのすべて』、『花とアリス』においても劇伴のピアノ演奏を担当。

大学2年の2005年4月、CLAMP原作のNHK教育テレビアニメーション『ツバサ・クロニクル』のヒロイン・サクラ役で声優デビュー。同月テレビ東京系アニメーション『創聖のアクエリオン』ED主題歌「オムナ マグニ」を歌唱してプレデビューの後、同年8月18日に劇場版『ツバサ・クロニクル 〜鳥カゴの国の姫君〜』主題歌「アムリタ」をリリースして本格的に歌手活動を始める。当時の所属事務所はサンミュージック出版、所属レーベルはビクターエンタテインメント、フライングドッグ。

2008年3月府中の森芸術劇場ウィーンホールにて初の単独コンサートを開催。

2009年2月B.G.Bカンパニーに事務所移籍し、国内外でアーティスト活動を展開。2009年12月の単独コンサートにてエピックレコードジャパン*3へのレーベル移籍を発表。

2011年、竹内結子出演の資生堂エリクシールホワイトCM音楽に起用され、EPO作詞・作曲「お願いジュンブライト」を歌唱。

to be written...

2017年7月の単独ライヴで声帯を痛め失声。2018年3月復帰作となるミニアルバム「WILL」をリリース。同月四方あゆみの撮影で初の写真集『Bambi』を発売。